京おばんざいバイキングぎゃあていについて


好評な生麩料理や嵐山名物の湯豆腐など
30品目以上食べ放題

バイキング

湯豆腐も、生麩も、湯葉も、デザートも!


ぎゃあていは京野菜を使ったお料理など京おばんざい30品目以上食べ放題のお店です。
嵐山名物の湯豆腐、京生麩を使用した生麩料理、京野菜 九条葱のぬた和え。春には筍やちらし寿司、夏には素麺、秋には万願寺、冬にはおでんなど、季節とともに移ろいゆくお料理。

見逃せないのがデザート。ぎゃあてい名物の大皿プリンや抹茶プリン、夏にはわらびもちやフルーツゼリー、秋にはかぼちゃの羊羹、その他にも白みそ寄せなどその日その日のぎゃあていスウィーツも女性やお子様に大人気。

おばんざい

おばんざいとは?


おばんざいとは、御番菜と書きます。関東風に言えばお惣菜。おかずの意味です。その昔、殿様につかえた家来のまかないを『お番(日常を表す言葉)』と言ったそうです。

日々の食卓を賑わせる、お鉢に盛った煮炊きものなどの料理、その『お番』が語源のようです。

料理旅館 嵐山辨慶がプロデュース
元祖京おばんざいバイキング

おばんざい

ぎゃあていとは?


屋号である「ぎゃあてい」は天龍寺の和尚様にいただいたものです。ぎゃあていとは、般若心経の一部で『行け行け(思うがままに行きなさい)』という意味です。思いのまま、お好きな料理を食べて欲しいという願いが込められています。

小さなお子様連れのご家族や、がっつり食べたい男性にも満足していただけるよう、カレーや唐揚げ・トンカツなどもご用意しております。

旅館プロデュース


料理旅館 嵐山辨慶のプロデュースするバイキングレストランぎゃあていの「おばんざい」はもったいないの気持ちを大切に、嵐山辨慶の心と技で手間隙をかけて創ります。料理旅館の仕入れた食材の中で使用しない部分をひと手間かけて一品を創る。

先人の知恵と工夫を凝らしておばんざいを作っています。ぎゃあていのおばんざいは体にも地球にもやさしく創作しております。是非一度おこしくださいませ。スタッフ一同お待ちしております。